失敗しないSEO発注のポイント!

 

自社の商品やサービスのWEBサイトをGoogle検索で上位に表示させるために、SEO会社といった外部の専門業者に依頼することがオススメです。はじめから自身でやるよりも遥かに低リスクで行うことができ、また効果が上がってない場合は中止や見直しすることもできます。
ただSEO会社は費用や対策など様々な専門の企業が存在しますので、どのSEO会社を選ぶのか判断に迷うことでしょう。そしてSEO会社といってもSEOだけで専門にしている企業はほとんどなく、WEBに関連するなんらかの事業をいくつか提供している企業がほとんどです。またSEOを得意分野にしている会社もありますが、必ず成果が得られるわけではないので、すぐにGoogle検索順位の上位に表示でき、費用も手頃で、いつでも営業担当がサポートしてくれるような理想的なSEO会社は、なかなか見つけるは難しいことでしょう。なのでSEO会社の上手な選び方や発注方法、結果がでない時の対応、SEOの注意すべきことを説明いたします。

まず発注する前に考えるSEO対策

まずSEO会社に依頼する理由とは、現在多くの企業がGoogleからの自社商品やサービスサイトへの流入は効果的な広告手法であるので、競合の高いキーワードは売り上げアップや市場の占有率を高める効果的な広告戦略として有効だからです。
ただ、売り上げを上げたいためにGoogle検索で上位に表示したいだけでSEO会社へ何も考えずに依頼をしてしまうと、概要だけが表示されるだけで、ほとんど成果がつながらない本末転倒の可能性になってしまいます。
なので検索上位に表示されるだけでなく、要望にあった商品やサービスが最適化された状態で取得できるなど、一連の流れを理解することで、効果的に検索エンジンの最適化を行う目的がしっかりと準備ができて初めて専門的なSEO会社に依頼する価値となりましょう。

SEOの契約と費用について

SEO対策の発注を行う場合、契約の方法による費用として主に「成果報酬型」「月額固定費用」「売り切り型」の3つがあります。
成果報酬型とは、例えば10位以内に表示されたら報酬を支払うといった感じに、検索順位毎に細かく費用が発生する課金形式です。
月額固定費用タイプは、検索順位にかかわらず毎月固定の費用が発生し、コンサルティングサービスに近い提供形態で、上位表示されても、されなくても費用は同じなのですが、成果が出ない場合は契約し続けるかぎり費用が発生するので、成果報酬に比べると魅力は少ないかもしれませんが、月額費用が比較的安いことが特徴です。また計算が雑で費用がかかる日取り型よりもわかりやすいでしょう。
そして売り切り型は、一番価格幅が広く、リスクが高いSEOサービスで、1度の支払いだけでSEOの対策を販売するもので、Googleではペナルティの対象とされていますがリンクの販売や設置のみから、内部対策や外部対策をすべてセットにしたパッケージ型まで、多種多用です。
価格は1万円前後から数十万円以上など内容によって価格差が大きく、実際の対策前に費用を支払や分割の支払い契約を行うケースが多いので、効果がなければトラブルも起こりやすく、訴訟なども起こったこともありますので、これでやるなら注意してください。
他にもこれらを複合したサービスなどもあり、初期費用と成果報酬を組み合わせたもの、月額固定費用に成果報酬を組み合わせたものなどがありますので、予算をしっかりと考えて対応しましょう。

検討すべきSEO会社のポイント

まずよいSEO対策ができる製作会社の基本的な判断基準は、「わかりやすい説明」「早い対応」「費用を明確」など、国内の一般的なWebサービスの基準としてもできてるとこがよろしいでしょう。「わかりやすい説明」ではSEOの分野などでも、次々と一般の依頼者にはほとんど理解がしにくい専門用語がありますので、サービス説明を一般の人にもできるだけ平易な表現でわかりやすく説明をしてくれる会社を選ぶことがオススメです。
そしてSEOの実績がある製作会社を選ぶのは重要すべきことでもありますが、あくまでも過去の実績に対するものなので、実績だけで判断するのではなく、SEO会社を選ぶ際の重要な目安のひとつにしましょう。またホームページが画像中心で作成するなどでSEO上効果が上がらない場合ではリニューアル提案することもありますので、予算や期間でSEO対策できないなんてことにならない柔軟な対応をしてくれる製作会社もポイントです。
良いSEO対策ができる会社とは、現在の悩みや要望をできるだけ親切かつ丁寧に、改善したり向上させたりしてくれる企業になります。ほとんどのSEO業者は単にキーワードを上位表示する提案をおこないますが、依頼者にとって重要なのは最終的な売り上げにつながることですので、検索順位だけではなく、コンバージョン獲得などもしっかりできて、営業的な視点や経営的な視点などのアドバイスもしてくれるなど、現在希望をできるだけ対応して実現してくれるSEO会社が一番良いとこでしょう。

すぐにSEO結果がでないこともある

SEOは検索キーワードにもよりますが、上位表示させたいキーワードについて競合が多い場合、どうしても時間がかかってしまいますので、SEO会社に依頼すれば、すぐに検索順位が上がるわけではありません。
中には短期間で偶発的に上位表示させることができるキーワードやウェブサイトもありますが、一般的には上位表示させたいキーワードが高ければ高いほど、多くの時間と費用がかかりますので、SEO会社に依頼して短期間で成果が出なかったからといって、SEO会社を変えたりすると、今までのSEOの成果や外部対策がリセットされてしまうリスクがあるので、ホントにぜんぜん成果が出ない場合や無駄に費用がかさむなどの理由ではない限り、すぐに変えることしない方がよろしいでしょう。

SEO発注での注意

制作会社には顧客に対する宣伝広告や営業説明と実際の商品やサービスの内容が違っていたり、契約書をもとに約束の不履行などを平然と行ったりすることもあり、SEOもサービス上、このような問題が起こりやすく、顧客が希望する効果や満足が得られないどころか、かなりの不利益となることもあります。
またGoogleの検索順位の仕組みはブラックボックスになっているため、検索順位保証するSEO会社というは本来存在しませんので、検索順位を保証すると営業活動しているSEO会社は、実際は上位になるかどうかはわからないことを伏せて契約しますので、順位保証してくるなら具体的な検索順位の保証根拠を確認しておきましょう。
そして成果報酬型のSEO対策を提案する会社の中には日割り型計算で請求してくるところもあり、1日ごとに成果報酬なら良心的と思われるかもしれませんが、1位~20位で料金が異なったり、1日の費用が数千~数万と高額になる場合が多く、成果があれば問題ないことですが、月額型の成果報酬と比べても高額になりやすいので注意してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。