知っておくべきWebマーケティング!

 

Web マーケティングとは

Web マーケティングとは、WebサイトやWebサービスを用いて行われるWebでのマーケティングで、「ドッグイヤー」とも呼ばれるほど、毎日早いスピードで技術革新が行われる非常に変化が激しい業界です。
そしてWebマーケティングを全体像を具体的に理解できる人は少なく、本気で成果をあげたいのでしたら、まずはWebマーケティング全体を俯瞰した上で、施策を組み立てていくことが重要なことです。

Web マーケティングの特徴

正確な費用対効果がわかる

Webマーケティングの大きな特徴としては、施策の結果を全て数値で管理できるというのも大きな点であり、どこで買ってどのページをどれだけ読まれたかというのは計測するのが難しい紙媒体と違い、どこで、誰が・どのページを・何回・何秒滞在したか、などの情報を見ることができますので便利です。
また施策がどれだけ売り上げに貢献したかなどの効果を知ることができると同時に、費用対効果の観点からその施策が本当に適切なのかを検証することもでき、検証の過程で施策のどこに課題がありどこを改善していけばよいかを学ぶこともできるので、改善を繰り返すことでより効果的なWebマーケティングができましょう。
リアルなマーケティングだとCMやラジオ、雑誌、新聞などがありますが、それらは内容によっては広告の実施に時間がかかることもありますので、Webマーケティングの施策なら、データやテキスト情報さえ入稿すれば数時間で展開ができてオススメです。

スピーディーな展開が可能

Webマーケティングの施策はデータやテキスト情報さえ入稿すれば数時間で展開できますので、CMやラジオ、雑誌、新聞などリアルなマーケティングよりも早くでき、またWebサイトなら、ユーザーの反応を見ながらの修正や細かい設定での更新・改善などの改修が可能なので便利です。
そしてWebマーケティングなら、すぐに施策の成果や結果がわかりますので、とくにスピード感を求めるインターネットベンチャーなどに最適です。中小企業でも、Webマーケティングを通じて、自社製品やサービスを大勢の見込み客にアプローチしていくことができますので魅力的です。

正確なターゲティング

ディスプレイ広告などのWeb広告では、年齢、性別、興味・関心事などのユーザー属性で「40代の独身男性向けドリンク」「30代の子供のいる女性向け美容化粧品」といったふうにターゲットを絞り込んだ広告を出すことができ、またテレビCMや雑誌広告などWeb以外のリアルなマーケティングよりも正確であり、マーケティングにかかる費用も抑えることができますので便利です。

低コストの費用

Webマーケティングの大きな特徴は、低コストで費用を安く抑えられることであり、自社サイトの開設もかなりの低予算から行うことが可能です。もちろんWebでの広告でも高いものはありますが、費用を安く抑えられる広告はたくさんあり、「アメブロ」「はてなブログ」などの無料でできるブログサービスや、ソーシャルメディアを利用できますので、予算の少ない小規模の企業でも、安価で効果の出やすい施策ができます。

Web マーケティングの重要性

魅力的な商品を インターネット上でアピールする企業やネットショップが増えてきたことにより、経済産業省の調査で個人向けの インターネット市場を9.5兆円、企業間取引については262兆円と年々規模が拡大していると報告されています。つまり インターネットでの企業と顧客との関係がより密接に築けて下地が整ってきたといえ、とくに近年、急速に広がっている ソーシャルメディアでは、企業と顧客が親密にコミュニケーションできるのが当たり前になってきてます。インターネットの普及とともに、企業では顧客との関係を広がっていき、そして世界へとビジネスチャンスを広げていき、売上を伸ばすことができて魅力的なマーケティングなのです。

Webマーケティングの工程

まずはWebサイトの目標となるCV数を決め、どの程度の売り上げや問い合わせがほしいのかを明確にすることです。それにより指標なども変わりますので、どの程度の売り上げが必要なのか、問い合わせ、資料請求、メールアドレスの登録などなど必要とされているのかを社内で話し合うことは大切です。
そしてCVは「40代向けの健康器具」「最新の20代のファッション」など、どんなターゲット・ユーザーなのかを考え明確に決めましょう。細かく分けたターゲットを考えます。さらにサイトに訪問した場合に目につく箇所に、「これからも元気に戦える健康器具」「魅力的なファッションでライバルたちに差をつけよう」などなど、ターゲットに響くようなサイトのキャッチコピーを考えましょう。
次はホームページ、ランディングページ、ブログ記事などを準備をおこない、Webデザインを考えてWebデザイナーに指示を出したり、ペルソナを文章化してライターに指示を出しましょう。もちろんサイトを自分で作れるなら、それもよろしいですが、最近ではクラウドソーシングの仕組みなども整備され、外注も個人に直接安く発注できるようになりましたので、外注すべきところは外注し、自分はやるべきことに集中した方がスピーディーにできます。
またSNSやなど、他のマーケティング手法を取るのかも考えます。SNSを運用するのであれば、なるべくSNSのメインターゲットとなるユーザーに近い年齢で、日頃からSNSを使っている人を担当者にすると良いでしょう。Twitterなどでも「中の人」と呼ばれる人が存在しており、公式アカウントとしてゆるい情報や、お得なセールなどの情報、最新のトレンド情報などで、Webサイトや会社自身の認知度と価値を向上させることにつながります。
こうしてできたサイトを運営したら反応を確かめます。すぐにいろいろな反応がくると思いますが、最初はアクションをこちらから働きかけても、なかなか成果が出ない場合がありますので、反応が返ってくるまで地道に運用を続けてください。その後どのぐらいのアクセスで、CVが上昇しているかなどのサイト運用の効果を測定し、成果を分析することで原因を突き止め、より改善したい箇所があるのであれば改善できるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。