失敗しないためのリスティング広告!

 

リスティング広告とは、GoogleやYahoo!などの検索エンジンで検索したとき、検索結果のページに表示される、検索キーワードに連動した広告のことで、検索連動型広告とも呼ばれます。
リスティング広告には、ニーズに合わせた広告出稿、他のネット広告よりも高いコンバージョン率、クリック課金制で低額から可能、ターゲット地域を絞れる、運用しながら改善していくことのできるなど多くのメリットがあり、また確実に効果が出て儲かりますので、Webを活用している大半の企業は「リスティング広告」を継続的に実施しています。ただリスティング広告は変化が早く、急速に高度化・複雑化が進んでいるため、成果を上げるには、それなりの専門知識や技術が必要となりますので、100%確実というわけではありませんが、成功している企業の多くは、業者に「運用代行」をおこなっています。

簡単にできるリスティング広告

リスティング広告はとても簡単で、キーワードを広告を作成し、その広告に誘導したいランディングページを設定して、ユーザーがキーワードを検索した際に表示された広告をクリックすると、設定しているページに誘導できるようになります。
例えば、京都で化粧品会社が広告を出稿するなら、「化粧品 京都」というキーワードで検索すると広告を出稿することができ、さらにキーワードを複数設定することや、反応が良い広告文がどれかを分析することも可能です。
そして広告費はクリック課金制なので広告がクリックされて料金が発生する仕組みで、お手軽ですので、ホームページがある方は、ぜひ試していただきたいと思います。

リスティング広告のコントロール

リスティング広告は平均クリック単価を30円以内にコントロールできれば理論上、必ず利益がでる計算ですが、競争が激しい今では、リスティング広告で平均クリック単価30円を超えないようにコントロールしようとすると、ほとんど広告を露出できず難しくなりますので、1件あたり、いくらまで広告費をかけて良いかという許容金額の獲得単価の算出、サイト誘導後の獲得率の算出、許容できるクリック単価の算出などができていれば、失敗することはないでしょう。

3C分析(市場、競合、自社)の考慮

3Cとは顧客・市場(Customer)、競合(Competitor)、自社(Company)についての分析を行い、戦略・戦術設計に役立てるフレームワークのことであり、リスティング広告の運用で失敗しないためには3Cを押さえることが非常に重要です。
特に初動で失敗する場合、3Cの視点において、顧客・自社は意識しても競合視点が抜けていることが多いので、顧客はどんなキーワードで検索をしてくるのだろうかをまず考えましょう。
またリスティング広告の掲載はあくまでも他社との競争ですので、顧客が検索し、自社が持っているサービスに引っかかっていても、競合率が非常に高かったりすると効率が悪く、コストばかりかかってしまいます。
なのでしっかりと「ユーザーニーズ」や「他社よりも良い商品・サービス」などのキーワードを考えましょう。

リスティング広告の初期設定

リスティング広告は運用初期から多大な効果を得られることは稀ですので、すぐにダメだと見切って諦めてしまうのは間違いです。トライ&エラーを繰り返していくことで確実に効果を得ることができる可能性がありますので、気をつけましょう。
とりあえずやってみる、でリスティング広告運用に手を出ずのでは確実に失敗してしまうので、初めから成功を意識することが何よりも重要となります。しっかりとターゲットユーザーや商品数などを設定し、運用後も細かい設定変更を行っていくことこそ、最高のスタートダッシュの秘訣です。

リスティング広告のコンバージョン設定

リスティング広告で成果を上げるには、Webでのゴール地点であるコンバージョンを設定できていることも重要です。中にはWebでのアクションをせず、直接店舗に来訪するタイプのビジネスや、電話での問い合わせが大半のビジネスの場合もありますが、ゴールがないままのリスティング広告は、貴重な予算を消費してしまいますので、必ずWebでのゴールを設定しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。