ポータルサイトを育てるSEO対策!

ポータルサイトとはインターネットにアクセスするときの入り口となるWebサイトのことで、多くのユーザーを呼び込むために、さまざまなポータルサイトが存在しており、たくさんのアクセス数を集めることは簡単ではありませんが、サイトの集客を向上させるための方法として、大きなカギとなるのがSEO対策です。
SEOはネットで検索したときに上位に表示されるための手法のことで、ポータルサイトにとっても効果的ですのでご説明いたします。

一般サイトよりも重要なポータルサイトのSEO対策

ポータルサイトは情報量が多いので、検索エンジンでの上位表示を狙いやすく一般サイト以上にSEO対策が重要となります。だから、どんなに素敵なデザインやコンテンツであっても、集客ができなければポータルサイトの意味がありませんので、検索エンジンで上位表示をさせるように努める必要があります。
またSEOの視点だとポータルサイトは一般的なサイトよりも対策しやすい上に、特別な技術もさほど必要ありませんが、ユーザーのニーズに応え、使いやすいポータルサイトを作るとなると、そう簡単ではありませんのでSEO対策のノウハウを持った制作会社を発注するのもオススメです。

外部SEOと内部SEO

SEOには外部SEOと内部SEOという2種類の方法があり、外部SEOとは他のサイトと相互リンクを貼ったりするなど、外部のサイトの評価を高めて上位表示させる方法で、内部SEOはサイト内でコンテンツをリンクさせたり、キーワード、タイトル、タグなどでサイト内部で行う施策のことです。
ただ外部SEOは現在でも検索エンジンで上位表示されるための有力な対策ではありますが、外部リンクを増やすために複数のサイトを立ち上げて相互にリンクを貼ったり、リンクの売買をしたりといったサイト内容と関係しない不当行為がおこなわれてしまったことで、以前ほど絶対視されることはなくなっています。
だから現在では良質なコンテンツを配信して内部SEOの強化し続けていけば、必然的に外部からも評価させるようになって上位表示へとつながっていくことが基本的な方法です。

情報量を増やしやすいポータルサイト

ポータルサイトの特徴は情報量が多いことです。美容系のポータルサイトなら、メインコンテンツとして店舗や化粧品の情報を掲載し、たくさんの店舗情報を取り込めれば必然的にメインコンテンツの量は増えることができ、そしてそれぞれの店舗についてできるだけ詳細な情報を掲載すれば、ますます評価を上げられて、良いSEO対策へとなりましょう。
またサブコンテンツとして、イベント情報や特集記事、運営者が配信するニュース、ユーザー同士が交流を行うコミュニティなどが一般的であり、メインコンテンツの量が増えるに合わせて、コツコツと配信を継続していけば、さらに情報量が多くすることができますので、このように情報量を増やしていけることは一般的サイトにはないポータルサイトならではの強みなのです。

多くキーワードを入れやすいポータルサイト

ポータルサイトは基本的にテーマ型と言われており、キーワードベースのコンテンツを盛り込みやすく、例えばグルメをテーマにしたポータルサイトであれば、「グルメ 北海道」「グルメ 食べ放題」「グルメ 人気店」などなどグルメに関心のあるユーザーが検索エンジンに入力するであろうキーワードを含んだコンテンツを自由に作成することができます。
よってSEO効果をしっかりと考え、多くの人が検索しそうなキーワードで良質なコンテンツを戦略的に用意すれば成功する秘訣となるでしょう

評価されやすいポータルサイト

評価されやすいサイト構造とは、ユーザーが目的の情報を得やすいサイトのことで、多くの関連情報をコンテンツに含んでいるポータルサイトでは、関連性の高いページ同士を内部リンクでつなげたり、タグを付けて分類するなどの工夫をすることで、ページ数が多くてもすぐに求めるコンテンツを発見できるようなりますので、とても使いやすくなってユーザーが他のサイトに移動することなく求める情報を得られてサイト評価を高くでき上位表示を狙いやすくなりましょう。

しっかりとSEO対策したポータルサイトの育て方

ポータルサイトは立ち上げたばかりだと知名度はありませんので、まずは検索エンジンで一人でも多くの人にサイトに観覧もらい認知度を上げていくように、しっかりSEO対策おこないポータルサイトを育てていく必要があります。
まずポータルサイトのシステム上、コンテンツの情報量が重要であるのは確かですが、やみくもにコンテンツを増やすというのは決して効果的ではなく、どんなに良いコンテンツのサイトでもテーマとユーザーの検索内容が合ってなければ検索上位に表示されることはありませんので、ユーザーの検索内容を読み取り、求めるキーワードでコンテンツを作成することを心がけると良いでしょう。
次にポータルサイトには総合型、地域型、専門型などいくつかの種類があり、例えば総合型とはYahoo! JAPANといった、検索エンジン、リンク集、ニュース、オンラインショッピング、天気予報などさまざまなサービスを提供しているポータルサイトのことであり、トップページからさまざまなサービスへとアクセスすることができるように情報量とサービスの数が多いのが特徴であります。
ただ、このようなのは大手で評価を確立したポータルサイトだからであって、新規のポータルサイトでは中途半端に情報量やサービスを増やすのは得策ではありませんので、きちんと特徴を明確すれば構造的に使いやすいポータルサイトとなるだけでなく、知名度も上がって良いでしょう。
そして、これはの他のサイトにもいうことですが、ポータルサイトは作成したら終わりではなく、つねに新しいコンテンツを掲載して継続的に運営アピールしていくことが重要です。
だから更新頻度の高いコンテンツはトップページの目立つ場所に配置し、すぐに最新情報を見つけるようにすることで、ユーザーに安心できるようにつながれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です