知っておくべきWordPressでの制作費用!

WordPressとは世界的に利用されているオープンソースのCMS(コンテンツ・マネジメント・システム)で、日本でも多くの企業がサイト構築に利用されてる制作ツールのことです。
HTML、CSS、JavaScriptなどのプログラミング言語の専門知識がなくても簡単にカスタマイズや更新作業ができて、さらに検索エンジンのSEO対策にも強いので、webマーケティングにも効果的で便利な制作ツールなのです。
無料で初心者でもそれなりのホームページが作れますので、費用をかけな格安でのホームページを自作するのにピッタリですが、やはり企業のホームページとしてはイメージや集客や売り上げが重要ですので、WordPressのメリットを最大限に生かすためにも制作会社に依頼するのがオススメでしょう。
ただ、制作会社に依頼すれば、もちろん費用がかかりますので、WordPress制作を発注する際の費用相場について説明します。

WordPress制作のさまざまな費用相場

まず初期費用について、WordPressで別途の必須工程である「サーバー」と「ドメイン」が費用相場として1万円~3万円程度かかり、発注する制作会社によっては「サーバー」と「ドメイン」の契約、設定、サーバーレンタルなどを含めた料金プランを用意しているところもあります。
また作業工程は一般的なホームページ制作とほぼ同じですので、工程ごとにかかる費用相場もそれほど変わらないでしょう。
次にWordPressでは「テーマ」というデザインのひな形があり、ネットで検索すれば公式サイトで提供されているものから企業や個人で制作し販売・配布しているものが、有料無料問わずに幅広いタイプのデザインで揃っています。
制作会社ではWordPressのテーマをオリジナルで作成してサイトを構築する方法と、既存のテーマをカスタマイズ・調整する方法で利用されており、依頼者の要望をイチから制作するよりも、既存のテーマを選んでカスタマイズ・調整するほうが少ない工数で済むので費用が安くできます。
また有料のテーマは費用相場が大体1万円前後くらいですが、無料のテーマに比べてデザイン性の高いものが多く、装飾機能や表示欄といったウィジェットなどの設定機能が充実していて、ほとんど手を加えることなく素敵なホームページに仕上げることができますので、たとえ無料テーマでもカスタマイズ費用で高くついてしまうなら、むしろ有料のテーマのほうがお得でオススメでしょう。
そしてWordPressには「プラグイン」という、さまざまな機能が使える拡張ツールを追加することができ、テーマと同様に公式のものから企業や個人が配布しているものなど幅広い選択肢から選ぶことができます。WordPressを利用をより便利できる機能が揃っています。
プラグインを追加する場合の費用相場は、1種類に大体5,000円ぐらいですが、複雑なプラグイン設定の場合、難易度に応じた料金が加算されたり、また依頼者の要望に合わせて制作会社で独自に開発したのも、別途費用で高額になりますので注意してくだい。
他にも別途費用として、ほぼオリジナルで制作したWordPressを運用するためにホームページのマニュアル作成というものがあり、費用相場はホームページの規模にもよりますが、大体3万円~5万円程度で、決して安い金額ではありませんが、ホームページを円滑に運営する意味でも、マニュアルはあったほうが役立ちますので良いでしょう。

WordPressのセキュリティ費用

WordPressは無償で使えるオープンソースという性質上、脆弱性なため悪意ある攻撃の対象となる可能性が高いので、しっかりとしたセキュリティ対策が必須であり、そしてセキュリティ事体にトラブルが発生した場合、イチからまたホームページを作り直さなければならない事態に陥る可能性もあるため、やはり制作会社に依頼するのがオススメです。
セキュリティの費用相場はアップデート・バックアップ・修正作業込みで月額1万円~3万円程度であり、制作会社によっては、あらかじめ初期費用とセキュリティ費用を合わせたプランを用意しているところもありますので確認すると良いでしょう。

WordPressのECサイト費用

WordPressではネットショップに適したテーマとプラグインを使用することで、WordPressでもECサイトを構築することができます。「Welcart」など、追加するだけですぐにECサイトが始められる無料のプラグインもありますが、機能性を求めるのであればイーティーネット株式会社が販売している税込5万4,000円の「ネットショップ管理プラグイン」を購入するのも良いかと思います。
またショッピングカート機能だけなら、カートシステムのみを扱うレンタルサービスを利用してWordPressに導入するのがよろしいですが、ただ初期費用のほかに2,000円~3,000円程度の月額利用料がかかるので、長い目で見ると高くつく可能性もありますので、よく考えましょう。

WordPressの求人サイト費用

近年、求人メディアの掲載費を抑え、求める人材の獲得につながるよう、自社で求人サイトを設置した企業が増えており、そこでWordPressなら自社のタイミングで求人募集が出せる求人サイトも簡単にできて便利です。
「AGENT」は求人採用に特化した国内初のテーマで、優秀な人材を獲得するためのクオリティの高いデザインや機能、さらに解説マニュアルやQ&A集などのサポート体制もしっかり充実しており、価格は1万2,980円で購入することができます。

WordPressの予約サイト費用

WordPressでは予約システムのプラグインを利用することで、スケジュール管理が必要な宿泊施設や美容院、カルチャー教室などのホームページも便利に制作できます。
予約システムのプラグインは海外版が多いですが、「Pinpoint Booking System」「Events Manager」などは日本語でも利用でき、また「MTS Simple Booking」「Salon Booking」といった日本製も利用できます。
予約システムの開発依頼するとなると150万円~200万円ほどの高額な費用がかかりますが、無料のプラグインならスケジュール管理ができますのでオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です