失敗しないためのランディングページ!

ランディングページとは

LP(ランディングページ)とは、検索結果や広告など接客的なコンテンツで、特にコンバージョン獲得のための1ページ完結型のwebページのことです。
そしてLPと一般のwebサイトの違いとは、UIとUXの有無であり、webサイトでは情報を提供するために多くのページを作り、さらにレイアウトやフォントなどのUI面で制作しますが、LPならコンバージョン獲得に目的が絞られたページですので、ユーザーをひきつけるための独自のデザインやサービスのUI設計ができます。またECサイトなどでは商品の販売が目的ですが、LPでは商品情報の提供が目的であり、ユーザーとの効率的なコミュニケーションに良いですので、多くの企業が専用のLPを導入しています。
またLPには「独立型」「サイトインクルード型」の2種類があり、独立型はそのとおりサイトから独立したページのことで、サイトインクルード型はトップページなどサイト内にLP形式にすることです。なにより独立型は独自のデザインやレイアウトで作りやすく、さまざまなバリエーションを試せますのでオススメです。

LPの特徴

LPは集客からお問い合わせのアクション誘導までを単独でおこなえるように設計されてますので、通常のホームページよりも広告やチラシのようなレイアウトを1枚のページで再現した構成となっています。
なので営業アピールを順序立てて再現しているので情報量が多くなり縦長のページになります。
またLPは他ページへのリンクが少なく、注文やお問い合わせなどのアクションを訪問者に起こさせることに特化しており、さらに訪問者が商品・サービスの注文やお問い合わせなどのアクションを起こすコンバージョンにつながる、注文フォームやお問い合わせフォーム以外のページの出入り口もありませんので、コンバージョン率の上昇に役立ちます。
そしてLPはグローバルナビゲーションやサイドメニューなども必要なので、画面ページをとことん自由度の高いデザインに作成できます。また特にLPはサクサクと縦長のページをスクロールできるよう文章よりも画像を積極的に活用し、派手なデザインでアピールするなど、多くがチラシやCMのように広告的なデザインとなっています。

LPのファーストビュー

ファーストビューとは、Webページで最初にディスプレイに表示する部分のことで、Webページ全般にとって重要なことです。特にLPにとっては重要であり、ファーストビューでユーザーの興味をつかむことができれば、最後までLPを見てもらえて、コンバージョン向上につながりますので、LP設計なら印象的な写真やイラストを使って視覚に訴えたり、申し込みボタンなど配置したりと、ファーストビューに力をそそぐとよろしいでしょう。

LPのベネフィット

ベネフィットとは、お客様が商品から得られるメリットを指すマーケティング用語ことであり、LPの大半は売りたい商品やサービスをアピールすることに終始しておりますが、ただの商品説明では成果につながりにくいですので、どういうターゲットがLPを求めているかベネフィットでメリットをアピールすることです。
商品自体のアピールだけでなく、商品のメリットや、どんなサービスがあるのかを押さえてLPを考えましょう。しっかりとベネフィットを提示してメリットあるアピールできるように仕向けることが重要です。

LPの利用者の声

LPで商品の情報を得ることでユーザーは買ってみようという気分になっているはずですが、まだ迷ってるのなら「口コミ」など第三者の意見で安心させましょう。
第三者の声は信憑性があればあるほどユーザーに好印象を与えられますし、また口コミの載せる自分の実写真や名前を出しにくいのなら、イメージ画像やイニシャルやニックネームでも良いですので、とにかく重要なのはリアリティの感じられる工夫をすることです。

LPのスマホ対応

LPは近年、スマホの普及より40%のアクセス数を誇っていますので、スマホ対応させることはWebサイトやブログと同様、もはや必須です。なのでLPがスマホ閲覧に対応していないと、とてもページが読みづらくストレスを与えてしまい、結果的に途中で読むのをやめさせてしまって多くのユーザーたちを逃してしまう大きく損失となりますので、しっかりとレスポンシブデザインを活用して、スマホに対応したLPを制作いたしましょう。

LPの注意点

まずLPの一番のデメリットはホームページを離脱する直帰率が高いことです。
LPでは注文フォームやお問い合わせフォーム以外のリンクを極力少なくして、他の関連ページなどにユーザーが移動できないようにしてますで、直帰率が極めて高くなってしまい、また縦に長いページになるので途中で飽きてしまう欠点にもなってします。
次にLPを効果的に機能させるために、優れた営業マンや商品・サービスについての原稿をしっかりと作成する必要があり、また効果的な構成パターンもありますので、とても手間がかかります。
さらにLPはデザイン性が高いページなため、パソコンやWebの知識がないと自作はとても難しいことですので、ホームページ制作会社に発注するのが主流なので、制作費用などでコストがかります。もちろん複数のLPページや他の機能などを設置すると倍や追加の価格となりますので、しっかりと考えましょう。
そしてLPでは宣伝力を高めるように、広告のようなインパクトあるように大きな文字やフォントなど画像にして掲載することが多いため、WEBの情報量が少ないページになってしまい、SEOとって検索エンジンにやや不利な判断をされてしまいますので注意してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です