リスティング以外にも幅広く使える広告文テクニック!

リスティング広告とって広告文やキャッチコピーは売上アップにつながる大きな要素ですので、売れるためには商品力だけでなく、消費者の心理をついた購買意欲を掻き立てる広告文章も重要となります。
リスティング広告だけでなくランディングページのキャッチコピーにも幅広く活用して使える文章テクニックを説明します。

属性への効果アプローチ

まず広告文制作で重要なのは属性を絞ることです。年齢・性別・趣味・思考・居住地域・悩みなどなど、どんな特徴を持ったユーザーが商品・サービスを買ってくれるのか明確にしましょう。
例えば「激辛ラーメンを望む若者へ」というように「激辛ラーメン」で属性の絞り込みができていますが、更に「若者」と年齢層も明示することで若者向け商品であることをアピールできます。
また「お肌に悩む30代女性のサプリメント」といった「サプリメント」などの具体的な商品・サービス自体の属性を明記することで商品アピールできます。

ユーザーへの効果アプローチ

ユーザーへアプローチするテクニックなら、「カリギュラ効果」「スノッブ効果」が良いでしょう。
カリギュラ効果とは「禁止」「してはいけない」といった行動を抑えた言葉で、むしろ興味を湧かせる心理をついたテクニックで、1980年代に上映禁止となったアメリカ映画「カリギュラ」が由来だそうです。禁止されたことが、逆に多くの注目を集める効果となり、広告のキャッチコピー的にも効果的な手法となります。
そしてスノッブ効果とは、希少性を高くすることで効果を出すテクニックで、「売り切れ寸前」「期間限定」「数量限定」などなど、今しか買えない購買意欲の心理を掻き立て、さらに入手困難であればあるほど需要が高まる特徴があります。

サプリなど健康食品に効果的なテクニック

健康食品などに効果的なテクニックなら、「マッチングリスク意識」「シャルパンティエ効果」が良いでしょう。
マッチングリスク意識とは、商品を使用したユーザーの口コミ情報を使うことで、本当に効果があるのか不安になっているユーザーへの疑問の解消し、信憑性を高められるテクニックです。
そしてシャルパンティエ効果とは、サプリや栄養ドリンクなどの表記で、「1g」ではなく「1000mg」と数字を大きくしたり、単位を変えたりすることで、同じものを違ったように見せるテクニックです。

思わず購入したくなるテクニック

思わず購入したくなるテクニックなら「松竹梅手法」「テンションリダクション」が良いでしょう。
松竹梅手法とは「低ランク1000円」「中ランク3000円」「高ランク5000円」という3つのランクから選択できる手法で、特に無難な中間のランクが選ばれる傾向がありますので、一番売りたい商品なら、松竹梅手法を使って中ランクに設定するのがオススメです。
そしてテンションリダクションとは、高額の商品を購入したことで緊張がゆるみ、判断力が低下して、さらに少額商品まで購入する心理のことで、商品選択後に少額商品を消費者にオススメするような仕組みを作るとよろしいでしょう。

さらに興味をもたせる様々なテクニック

ユ-ザーの心理に最適なテクニックはいろいろあり、消費者の興味や関連する内容で呼びかけるテクニックなら、たくさんの情報量の中で自分が関係している情報で反応させるカクテルパーティー。
信頼させるテクニックなら、「大学教授」「専門家」など権威あるの第一人者の声を記載したり、「○○賞受賞」「ベスト3入り」といった商品の効果を裏付けたりすることで価値を上げる服従原理。
「一ヶ月で3000円」「一日たったの100円」というように、内容が同じでも基準や視点・言い回しを変えることで違った印象を持たせる心理テクニックのフレーミング効果。
「大人気」「ランキング1位」など、流行っている・多くの人に受け入れられていることで売り込むバンドワゴン効果。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です